引っ越し先の住宅事情

引っ越し先の住宅事情

ここでは「最低限これだけは調べておいて!」といえる
情報についてお話をします。

最初におおまかな内容を挙げておきます。
以下の通りです。

・引っ越し先の住宅事情
・家賃の相場
・どんな不動産屋さんがあるのか
・どんなお部屋が多いのか
・治安状況
・引っ越し先に住む知人からの生活情報

最低限、このくらいは調べておいた方がいいでしょう。

下準備なのに多い!」そんな声が聞こえてきそうですが、
本格的に物件を探し始めてからでは遅すぎます。

それでは、それぞれの項目についてお話をしていきます。

引っ越し先の住宅事情

これは一言でいえば、
引っ越す先の土地は部屋は少ないのか、余り気味なのか。
を確認するということです。

都心部なのか地方なのかで分かれることが多い項目ですが
もし部屋が少ないのであれば、急ぐ必要が出てきます。

そんな土地での「いい物件」は、おのずと早い者勝ちになることが
多いためです。

逆に部屋が比較的多い、たとえば大学が近くにあってアパートや
マンションが密集しているような場所であれば、似たような部屋は
たくさんあることが多いです。

そういう場合、生活も便利な環境であることが予想され、
焦って契約をする必要はさほどなくなってくるのです。