意外と差がつく敷金・礼金

意外と差がつく敷金・礼金

敷金とは、入居者が住んでいる間に傷んだ部分を原状に回復される
お金のことです。
これを入居前に預かるという習慣があります。

礼金とは一言でいえば家主への「謝礼金」です。
これも不動産業界の習慣です。

敷金・礼金」というと家賃を基準として、その数ヶ月分を預かるというのが
一般的です。

相場はその土地によって異なる場合が多く、敷金2ヶ月・礼金2ヶ月という風に
表現されます(敷金と礼金がそれぞれ家賃の2ヶ月分という意味)。

近年「ゼロゼロ物件」なる言葉が取り沙汰されましたが、あれは事前に支払う
敷金・礼金が無料という意味です。

ただ、事前に支払う敷金が無料であっても、退去時に原状回復費用を請求される
ことがほとんどですので注意しておきましょう。