昔懐かしい下宿

昔懐かしい下宿

下宿というのは、今は学生の部活動を除けばあまり聞きません。

1部屋に数人が寝泊まりし、同じ食堂で顔を合わせて食事をするというのは、
つくづく見なくなった光景だなぁと思います。

たとえば、中学時代を離島で過ごし、遠方の高校に通いながら1人暮らしをする。
そんな場合になると下宿が安心でしょう。

下宿の世話人の方が事実上の親になるわけです。

ただ、今までお話をしてきたように、賃貸住宅へ人気が移り、学校や企業が
寮整備に力を入れ始めると、下宿を探すのが大変です。

中には学校指定の下宿などありますので、お部屋探しの前に問い合わせるのが
いいでしょう。

でも、個人的には高校生くらいの年齢ですと、完全な1人暮らしをするには
まだ早いかなと思います。