不動産屋さんに連絡をしよう!

不動産屋さんに連絡をしよう!

よさそうな物件があったら、不動産屋さんに連絡をしましょう。

特定の不動産屋さんに連絡をするということは、お目当ての物件が
見つかったということ。

でも、少し待って下さい。

連絡をする前に、そのお目当ての物件の
どういうところが気に入ったのか。
を不動産屋さんに伝えられるようにしておくといいですよ。

彼らもプロですから、

この物件をご希望のお客様は、こういうところがお気に召したのかな?
 ならば、その物件の空き部屋がなかった場合に備えて、
 すごく条件の似た物件のご案内の用意をしておこう。

こういう風に考えてくれます。

極端な例ですと、「○○ハイツ」という物件について、問い合わせたとします。

しかし、残念ながら空き室がない状態だったとします。
(他の入居希望者が物件の契約を済ませてしまってから、
 その情報が反映されるまで、多少時間がかかります。
 よって繁忙期にこういうことは珍しくありません。)

ああ残念。

そう思って落ち込んでいると、不動産屋さんがまったく同じ間取りの
○○ハイツ2」という物件の空き部屋を紹介してくれました。

笑い話のようですが、そういう「シリーズ物件」が存在することもあるのです。

不動産屋さんに問い合わせるときに、
家賃は○万円くらい、広さは○平米くらい
という風に伝えておくとスムーズにやり取りできるでしょう。