インターネットを駆使する新しい不動産屋さん

インターネットを駆使する新しい不動産屋さん

インターネットを駆使する新しい不動産屋さんの多くは、
グループ会社として活動しています。

数社がもっている物件の情報を共有していることが多く、
他社の物件をみることもできます。

一見、「他社の物件に決まったら自社の損にならない?
と思われるかもしれません。

それでも同じグループ会社の中での契約であるため、
他のグループ会社にお客様が流れるよりはいいのです。

それに、お互いがお互いのお客様を紹介し合えば、理屈の上では
損得はなくなります。

この利点は(お察しかもしれませんが)以下の通りです。

情報共有をしているため、グループ内の会社の方と
 物件を探すことが、数社分の物件探しをすることと同じ。

地域密着の不動産屋さんより、物件の数が多い。

ただ、一部の不動産屋さんのよる「ある行為」のために、
インターネットを利用した物件探しで問題が起きています。

よく「目玉物件」というようなうたい文句で、すごく好条件の物件が
掲載されていることがあります。

それに引かれて問い合わせをすると、

もうその部屋は埋まりました。
 でも、代わりにこういう物件がありますよ。

と営業に引き込もうとする場合があるのです。

本当に目玉物件がなくなったのなら問題はないのですが、そもそも、
その目玉物件の空き部屋など存在しないのに、お客様集めを目的として
虚偽の事実を記載する、そういう不動産屋さんが一部ながらいました。

今は不動産業界の自主的な取り組みにより、そういう不動産屋さんは
ほとんどなくなったと聞きます。

ただ、不動産屋さんに行く前に、空き部屋の確認だけはしておきましょう。