いまどきの不動産屋さんって?

いまどきの不動産屋さんって?

不動産屋さんというと、少し昔なら地元に密着していて、
ふときたお客さんに物件を紹介するというのが主流でした。

そういう不動産屋さんは、部屋の大家さんとも昔からの顔なじみで
阿吽の呼吸。
何かあった時も素早く対処してくれます。

しかし、時代は少し変わったようです。

新しい不動産屋さんも増えてきました。
彼らはインターネットを駆使して独自のネットワークを築いています。

そして、インターネットで物件を探すお客様に営業をして、
お部屋の契約に結び付けています。

以下は、私の経験から抱いた「個人的な印象」ですが、
簡単にそれぞれのタイプの不動産屋さんの特長についてお話をします。

地元密着の不動産屋さん

地元密着の不動産屋さんは、物件を「狭く深く」もっています。

家族経営のところも多いためか、雑談などしながら気楽に
物件探し
ができます。

場合によっては、他社物件の紹介もしてくれます。

インターネットを駆使する新しい不動産屋さん

インターネットを駆使する新しい不動産屋さんは、
物件を「浅く広く」もっています。

営業成績がかかっているためか、ややせっかち。