事前に物件票をもらっておこう!

事前に物件票をもらっておこう!

不動産屋さんに問い合わせをして、もしお目当ての物件の空室が
あった場合は、下見に行くことになります。

そのときに「物件票」をもらっておきましょう。

物件票とは、お部屋の家賃に間取り、諸経費や入居条件など
細かく説明してある書類です。

いわば物件の「パンフレット」なのです。

この物件票を、できれば複数の不動産屋さんから、できるだけ多く
入手しておきましょう。

今はパソコンさえあればメールで送ってくれるところもありますし、
そうでなくても郵便で送ってくれます。

この物件票を事前に入手しておくことで、事実上の「仮想下見」を
することができます。

下見当日に
へー、ここはこうなってるんだ。
ではなく
ここは物件票と同じだ。じゃあここは?
という風に最終チェックをすることができます。

さらに複数の物件票を見比べておくことで物件の
ここに住みたいランキング
なるものを事前に決めておくことも可能です。

下見当日に見ることと言えば、周辺環境や事前のイメージとのギャップ
くらいになりますので考えることを減らすことができます。